ガレージにもこだわりを反映

車やバイクが好きな人は、ビルトインガレージがある住宅に憧れていることが多いことでしょう。

ビルトインガレージであれば、屋内で自動車やバイクの整備等をすることが出来るので、雨が降っている人でも好きな自動車等を触ることが出来ます。

建売住宅の場合には、ビルトインガレージがもともと設計されている住宅は少ないので、注文住宅で設計すると良いでしょう。

完全に室内にガレージを設置して、シャッター等で仕切ることができれば、自動車やバイクの盗難や車上荒らしなどを予防することもできるでしょう。

建物にガレージを取り付ける場合には、敷地面積には十分な余裕が必要となり、アプローチ道路との取付の計画を入念に行うことが重要となります。

設計はあまりうまくいかないと、自動車の出し入れが大変になってしまう恐れもあるので、設計はじっくりと行ったほうが良いです。

ガレージのシャッターにはじっくりとこだわりを持って選ぶことが可能であり、家のテイストと合っているもの選ぶことも可能です。

ガレージのシャッターはかなりの大きさのものとなるので、外壁の面積に対して大きなウェイトを占めることとなります。

シャッターの雰囲気は建物全体の雰囲気に大きな影響を与えることになるので、じっくありとデザインを選ぶと良いでしょう。

ビルトイン仕様とせずに、外に屋根付きの車庫を設置する場合には、敷地全体の雰囲気を考えて、仕様を選ぶと良いでしょう。

室内外を問わず、どのようなタイプの自動車を購入するかによって、大きさを決めることが重要です。

エクステリアデザインは住宅設計の後の方の段階で行うことになるので、設計打ち合わせに疲れてくると、疎かになることも少なくないです。

しかし、エクステリア全体の雰囲気は周囲や来訪者から一番見える部分となるので、じっくりと考えていくと良いでしょう。

ハウスメーカーに相談しながらデザインを決めていくのも良いですが、外構工事専門業者に別に発注して仕様を決めていくのも良いと言えます。

京都のおすすめ住宅会社はこちら