低価格の注文住宅を建てました

私は注文住宅を建てるときに低価格にこだわりました。

家の資産価値は10年すると0になると住宅会社の方が言っていたので高い注文住宅を建てるのはもったいないと思いました。

家も10年で価値がなくなるんだーと思ったら高い住宅を建てることがバカバカしくなりました。

低価格で質がそこそこならよいなーと思い、住宅会社を決めました。

私が選んだ住宅会社は低価格ですが、自由設計でしたし、家も10年の保証が付いていました。

その後も有料で保証が付けられるとのことでした。

実際、家を建てて10年が経ちましたが本当に低価格の住宅にしてよかったと思っています。

低価格の住宅を建てたので住宅ローンも無理なく組めたし、途中で繰り上げ返済する余裕もありました。

ただ、やはり子供が生まれてから家計が少し厳しくなりました。だから余計に低価格の住宅にしてよかったと思っています。

家を建てるときと、その後で経済状況も変化するので、できるだけゆとりをもって家を建てることが大切だなーと思いました。

低価格の家にしたことで住宅ローンの返済に困ることもなかったし、特に高い家と比べて劣るようなこともありません。

だから低価格の住宅はおすすめできます。

無理して高い住宅会社で住宅を建てた友人がいますが、やはり共働きしないと生活できないと言っていました。

私は今、専業主婦で子育てしていますが、家計的には少しですが、ゆとりがあります。

それは住宅を低価格にして住宅ローンの月々の返済を少なくできたからだと思います。

高い住宅を無理して建てた友人は住宅ローンの返済が月々、8万円を超えていますが、我が家は月々4万円くらいです。

だから私が専業主婦でもやりくりできています。

低価格の住宅は住宅ローンの負担が少ないので、ゆとりある暮らしをしたいと考えている方におすすめです。

今は低価格で高性能な住宅がたくさんある時代なので、ゆとりを持って生活していきたいと考えている方は低価格の住宅を検討してみてください。

京都のおすすめ住宅会社はこちら