防犯性能を高めた家にできる

閑静な住宅街でも空き巣被害が発生することがあるので、住宅を設計する際には、玄関のカギやセキュリティーについて

配慮しておくことが重要となります。

特に建売住宅と違い、注文住宅の場合では、依頼者が設計者と一緒になってセキュリティー性能のグレードや仕様について考えていくことが

出来るので、より安全性が高い住宅を創ることが可能です。

また、玄関のカギなど以外に、空き巣などの入りにくいように建物の配置や窓の位置などを考えていくことで、空き巣被害を未然に

防いでいくこともできます。

住宅回りのスペースに玉石や砂利などを敷き詰めることで、足音がよく聞こえるようにすると、空き巣などの犯罪をしている人が嫌がるので、

防犯に一定の効果が期待できます。

また、人感センサーが付いている街灯などを玄関などに設置することで、夜中に人が着たときに、ライトが付いて、犯罪を防止してくれます。

人感センサーがあれば、夜中に帰宅した時に、手元を明るくしてくれるという点でも便利になります。

日中に家を空けることが多いという人は、ホームセキュリティーなどに加入するという方法もあり、住宅設計の段階で

ホームセキュリティー設備を取り付けておくこともできます。

後でホームセキュリティー設備を設置することもできますが、早い段階で準備をしておいたほうが、設置費用は安くなります。

そのほか、窓ガラスに防犯フィルムを張り付けることで、窓ガラスを破られてしまうことがなく、家の中への侵入を防ぐことが可能です。

安心して暮らすことが出来る住宅を設計したという人は、たくさんの住宅を手掛けているハウスメーカーに相談をすると、

経験に基づいて、素人では思いつかないようなアイディアを出してくれることがあります。

玄関のカギについても、ピッキングをすることが出来ないキーの仕様にすることもできます。

防犯カメラを設置することも、家を空き巣から守るためには有効な対処方法の一つとなります。

京都のおすすめ住宅会社はこちら